TOKYOチャレンジネット相談実例

住込みの仕事に就いたのですが
会社の倒産で住居と仕事を同時に無くし…

 

Yさん(仮名) 29歳 男性
事務所に寝泊まりさせてもらいながら、建築関係の仕事をしていましたが仕事がなくなってきて・・・

 

22歳で上京して住込みの仕事に就いたのですが、会社の倒産により仕事と住居を同時に失ってしまいました。

その後、都内の工務店に就職。事務所に寝泊まりさせてもらいながら、建築関係の仕事をしていましたが仕事がなくなってきたため、他の仕事を見つけ次第出ていくよう親方から言われ、またしても仕事と住居を同時に失うことに…

そんな時に求人情報誌でTOKYOチャレンジネットを知り、老人ホームでのボランティア経験があり、介護職に当時から興味もあったので早速連絡しました。

 

書類の手続きなどを行い一時住宅に入居、
希望していた高齢者介護の仕事に向けての講座も開始。

 

新しい生活へのスタートでした。 2カ月の受講も無事に修了し、ホームヘルパー2級を取得!

積極的な就職活動の結果、希望地域のグループホームに就職が決まりました。少人数でアットホームな雰囲気の施設で、利用者のみなさんとの充実した毎日に「自分の方が癒されているなあ」と感じています。

職場では貴重な男手ということもあり、人材育成の面でも色々と期待してもらっているので、一生懸命その期待に応えようと日々の業務に没頭中です。

 

次は介護福祉士を目指して頑張っています

 

仕事を任せてもらえるようになってきた今、次は介護福祉士を目指して頑張っています!

そう思うと、働き始めてからが本当のスタートだったのかもしれません。介護職の現場で具体的な目標を見つけ、本当のやりがいを感じることができたからこそ今の自分があるんだと思います。

勤め始めてもうすぐ1年、無事償還も免除に!そして何より、長く働ける仕事と場所が見つかったことがとても嬉しいです。